「meet in(ミートイン)」の口コミ・評判と使い勝手(アプリの有無など)をご紹介!

「meet in(ミートイン)」は、2017年より提供を開始したビデオチャットサービスです。

ビデオチャットはWeb会議システムとも呼ばれ、ビジネスシーンで活用する企業が増えてきています。

そこで今回は、ビデオチャットサービスの一つである「meet in(ミートイン)」について詳しく調べてみました。

特長や活用シーン、口コミをまとめましたので、ぜひご一読ください。

meet in(ミートイン)とはどんな特長をもったビデオチャットなのか。

meet in(ミートイン)は、1秒でつながるオンラインミーティングサービスです。

株式会社アイドマ・ホールディングスの自社メディアとして、2017年より提供を開始しました。

まだ新しいサービスですが、導入企業は550社を超え、様々なシーンでオンラインミーティングが行われています。

meet in(ミートイン)には、次の特長【4つ】があります。

アプリのダウンロードやログイン・固定回線は一切不要。

meet inのTOPページ上で作成したURLを共有するだけで接続ができます。

簡単につながるメリットを活かし、会議・商談・契約などをミートインで行うことができます。

お客様には、メールなどで送ったURLをクリックしていただくだけなのでご案内もスムーズです。

資料を共有は、画面にドラッグ&ドロップで一発共有。

録画・メモの共有・画面の共有もワンクリックで簡単にできます。

資料の印刷・配布などは不要です。

対面に近い形でスムーズな情報共有と迅速な意思決定が行えます。

名刺交換・複数人接続などコミュニケーションツールが満載。

万が一ネットが途切れた場合に備えた固定電話機能、会議議事録機能などを備えています。

固定電話は、通話ごとの個別の料金はかからないため、電話料金の節約になります。

様々な活用シーンがある。

meet inは本来Web会議システムですが、ワンクリックで誰でもどこでもオンラインミーティングができるというメリットを活かして、様々シーンで活用することができます。

例えば、企業の拠点間の会議、日常的なコミュニケーション、朝礼や訓示などのライブ配信、商談、遠隔地の契約締結、画面を通して行うカスタマーサポート、新卒採用・中途採用のオンライン面接、不動産会社の内覧などが考えられます。

続いて、料金についてご紹介いたします。

ミートインの契約プランは2種類あります。

  • ライトプラン:人数無制限で30,000円~。基本機能の他にロック機能・録画機能。
  • スタンダードプラン:上記に加え資料保存機能・アカウント発行数増量などが使用できます。

契約期間は1年間ですが、途中でプランの変更も可能です。

無料体験版もありますので、まずは使い勝手を試してみて必要なプランを選択するのがおすすめです。

meet in(ミートイン)は営業で外出していても使える?。

meet in(ミートイン)は、スマートフォンやタブレットでもブラウザから接続できます。

iPhoneの場合はSafari、Androidの場合はGoogle Chromeのブラウザからご利用いただけます。

モバイル端末からも使えるメリットを活かして、営業先からミートインにアクセスして必要な資料を送ってもらったり、社内にいるスタッフに商談に参加してもらったりするといった使い方もできます。

meet in(ミートイン)を使った人の口コミ・評判。

それでは、実際にmeet in(ミートイン)を使った人の口コミを見てみましょう。

Aさん(不動産会社)

都内で不動産会社を経営しています。

店舗は山手線沿線に10店舗あり、拠点間のミーティングや商談に使えるビデオ会議ツールの導入を検討していました。

これまでもSkypeやGoogleハングアウトなど、無料のツールを使っていたのですが、アカウントを持っていない場合は、アプリのインストールやログインをしていただく必要があり、外部とのやりとりには向かないため、不便を感じていました。

meet inを導入した決め手は、接続の簡便さと活用シーンが多いことです。

1対1ではなく、複数人での通話ができることも大きかったです。

主に社内の拠点間ミーティング、不動産の内覧に使用しています。

社内ミーティングでは、リーダーが移動する必要がなくなったので、会議室の確保や出張にかかる工程が削減し、その分コストダウンが実現しました。

また、気軽に集まれるようになったので、社内の連携が取りやすくなりました。

不動産の内覧は、スマートフォンをお持ちのお客様でご了承いただいた方のみご案内しています。

接続が簡単なので、比較的どの年齢層の方でもスムーズに使っていただいております。

録画機能がありますので、見返すこともでき便利です。

今後はホームページをご覧いただいた遠方のお客様にも、来店した時と同じような接客ができるようmeet inの活用法を考えてきたいです。

まとめ:meet in(ミートイン)をおすすめできるのはこんな人!。

meet in(ミートイン)は、次の特長がありました。

  • アプリのダウンロードやログイン・固定回線は一切不要。
  • 資料共有機能、複数人接続。
  • 様々なビジネスシーンで活用できる

結論として、meet in(ミートイン)はこのような企業におすすめです。

  • 社内外で簡単につながるビデオチャットを探している。
  • 社内会議や商談以外でも活用の幅を広げたい。
  • 固定電話機能で電話料金を削減したい。

ミートインは、無料体験版もありますので、ぜひ一度お問い合わせください。