「LiveCall(ライブコール)」の口コミ・評判と使い勝手(アプリの有無など)をご紹介!

スマートフォンの普及やサービスの拡充により、以前はテレビ電話・ビデオ電話とも呼ばれていたライブチャットツールをビジネスの現場で使う会社も増えてきました。

同じ会社内や取引先等と行うテレビ会議も普及していますが、中にはコンシューマーに対する接客ツールとして活用している会社もあります。

今回はそんなビデオ接客ツールであるLiveCall(ライブコール)について、詳しく調べてみました。

LiveCall(ライブコール)とはどんな特長をもったビデオチャットなのか。

LiveCall(ライブコール)とは、スピンシェル株式会社が提供する遠隔コミュニケーションサービスです。

ECサイトや企業の公式サイトなどにチャットを開始できるボタンを設置しておき、サイト訪問者はそのボタンを押すだけで、簡単かつ高品質なビデオチャットを開始することができます。

ブラウザだけで利用でき、アプリやプラグインは必要ありませんので、誰でも簡単に使用することができます。

また、導入サイトにはあらかじめタグを設定しておき、サイト訪問者の選択肢に対応したスキルを持つオペレーターに自動的に繋げることができます。

導入時の設定は決められたタグをウェブサイトに埋め込むだけですので、最短即日のスピード導入が可能です。

ビデオ・音声・テキストチャットに対応しているため、顔を見て話したいユーザーやテキストチャットだけで済ませたいユーザーなど、多様な要望に応えることができます。

また、通話中に別のオペレーターを呼び出し、3者間でビデオチャットをすることもできます。

専門知識を持ったスタッフを会話に追加し、ユーザーの疑問をその場で解決することもできます。

3者で通話することで、質問の繰り返しや伝言等の手間を省き、応対時間の短縮に役立てられます。

お互いの顔が見えるだけでなく、写真やPDFなどの資料の送受信もできるため、言葉では伝えられない内容や情報を保管することもできます。

ユーザーは、通話中に受信した資料を通話後にメールで受け取ることができます。

LiveCall(ライブコール)には管理者コンソール機能がついているため、オペレーターの状況を一括管理できるほか、応対内容の録画・録音もできます。

スタッフ管理やトラブルの防止、品質の向上等に役立てることができます。

夜間などオペレーターの待機時間外には、対応可能な時間をユーザーに公開し、予約を促すこともできます。

予約をしてもらうことで、営業時間外のチャンスロスを食い止めることができます。

LiveCall(ライブコール)は営業で外出していても使える?。

LiveCall(ライブコール)はPC・スマホ・タブレットなど、どのデバイスでもブラウザがあれば利用できるため、外出先でも使用することができます。

使い方はスマホやタブレットでもPCの場合と同じく、訪れたサイトのボタンをクリックするだけなので、簡単にビデオチャットを開始できます。

LiveCall(ライブコール)を使った人の口コミ・評判。

リサイクル会社のA社は、オンラインの買取査定にLiveCall(ライブコール)を導入しました。

これまでは出張査定を行っていたのですが、出張買取にはいくつかの不安要素がありました。

女性のひとり暮らしだと家には呼びづらい、実際に来てもらうまで査定金額がわからない、買い叩かれたらどうしよう、などの不安です。

そこで遠隔でオンライン査定を行うサービスを始めました。

スマホで商品を撮影してもらって行う遠隔査定では、画質の良さが大きなポイントになります。

LiveCall(ライブコール)は画質がきれいなので問題なく査定できています。

査定をしたらその場で買取金額を確定するので、早く簡単に商品を売りたいお客様に喜ばれています。

また、遠隔査定を導入し、引き取り業務をアウトソースしたことで、効率化と営業のコストカットが図れるようになりました。

スタッフ1人あたりの買い取りは2~3倍に増えました。

多言語コンタクトセンターを運営するB社は、2地点3者間通訳のツールとしてLiveCall(ライブコール)を活用しています。

日本人スタッフ・外国人のお客様・通訳を行うオペレーターを繋ぎ、Face to Faceのサービスを提供しています。

主に宿泊施設やモバイルショップなどの店頭やカウンターなどで利用されることが多いです。

今後、在宅通訳者を活用する可能性も視野に入れ、マルチデバイス対応のクラウド型サービスであるLiveCall(ライブコール)を導入しました。

Skypeなどとは違い、管理者コンソール機能があるので、遠隔地のオペレーター管理も可能なのがポイントでした。

また、案件ごとに着信音の鳴り分けができるので、非常に利便性が高く、コンタクトセンター向きのシステムだと思います。

まとめ:LiveCall(ライブコール)をおすすめできるのはこんな人!。

LiveCall(ライブコール)は、音声だけでは伝えきれない情報のやり取りを行うコンタクトセンターやお問い合わせ窓口にぜひ導入してほしいサービスです。

ECサイトでは商品のサイズや質感を言葉だけで表現するのは難しいですし、修理センターなどでは故障した箇所の状態をスマホで撮影して見せてもらうこともできます。

ホームページにタグを埋め込むだけで、ユーザーの状況に合ったオペレーターへ自動的に振り分けられるため、適切なサービスを提供しやすく、応対時間の短縮やクレームの防止に役立つでしょう。

無料トライアルも実施しているため、興味を持たれた方は、提供元のスピンシェル株式会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。