「V-CUBE Box」の口コミ・評判と使い勝手(アプリの有無など)をご紹介!

インターネットのインフラがどの企業にも整備されてきた数年前から、徐々に名前が知られるようになったビデオチャット。

具体的には、例えば一般に有名なskypeを思い浮かべるとイメージしやすいでしょうか。

遠隔地にいる複数のスタッフが、インターネット回線を利用し顔を見ながら話や会議ができるサービスがビデオチャットです。

ビデオチャットには、用途別に開発された製品が多数存在します。

まず有料か無料か。

一般向けか企業向けか。

インターネット回線とPCのみで利用可能なウェブ会議か、または専用機器を事前に用意するテレビ会議かどうか。

使用者が利用環境に最適なものを選んで快適にネット上で会議が行える時代になりました。

V-CUBE Boxとはどんな特長をもったビデオチャットなのか。

V-CUBE Boxは、会議室などに専用機器を設置するタイプのビデオチャットで、グループ対グループのテレビ会議運用に適しています。

既存のインターネット回線に接続するだけなのですぐに利用でき、導入の負担がありません。

テレビ会議は、アプリをインストールするだけのウェブ会議より初期費用は高額です。

その分、性能やサービスは比較にならない程の違いを見せます。

通信はより高品質で、音声や映像の乱れも無くもクリアです。

また安定性、接続性に優れ、会議の中断や遅延に対する恐れ、ストレスを回避できる特長があります。

さらにV-CUBE Box独自の機能が搭載され、より快適な会議環境を提供しています。

まず圧倒的な使いやすさ。

映像、資料、グラフなどが直感的な視覚で見やすいビジュアルで、データを図面化した資料を共有しながら会議が進められます。

時間の短縮にも一役買っています。

リモコンも操作性に優れたシンプルなデザインが好評です。

また、IDを持たない取引先の方でも、Web会議に参加するための招待用URLにアクセすることで簡単に参加できるサービスもあります。

PC、スマートフォン、タブレット、さらに他社テレビ会議やOffice365、サイボウズといった複数のグループウェアや、電話会議とも連携できる柔軟な互換性も魅力です。

世界の主要な地域に接続サーバーを設置し独自のネットワーク網で接続しているため、国際間での安定した通信で海外からの会議参加も快適に利用できる性能を誇ります。

導入後のアフターフォローやサービスが充実しており、365日24時間の電話やメールによるサポートが徹底されている上、無料セミナーなども開催しているので是非参加してみましょう。

そして何よりセキュリティーに力を入れているのでウィルスの脅威にさらされる恐れが無く、重要な会議を安心して行えるのも利点です。

V-CUBE Boxは営業で外出していても使える?。

先に述べたようにパソコン、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスで利用が可能です。

社内、自宅、外出先など場所を問わず利用できますので急な会議にも出席できますよ。

V-CUBE Boxを使った人の口コミ・評判。

  • 「拠点ごとに同じ会議や研修の複数開催」「同じ内容の会議に幹部が毎日のように参加」といった課題が解消しました。役員と各施設の従業員はお互い顔を見て会議するので、年末年始のあいさつではモチベーションが上がります。離職率も低下しました。

(全国展開する福祉施設)

  • 4つのキャンパスのほか、サテライトオフィスや研究センター、海外を含む他大学との連携などスムーズに打合せができるようになりました。従来は相互接続できなかった既存のテレビ会議システムも、統合して有効活用できるようになりコスト面でも導入した利点があります。

(国立大学)

  • 毎朝の定例会議でストレスとなっていた「音声のフラストレーション」を解決できる品質を国内外の拠点間でも担保できることと、整備現場に配備しているタブレット端末などを有効活用し、センター拠点から映像を通じた明確な指示を出せることを同時に導入できました。

(航空会社)

  • 拠点の人数に応じて、低コストのテレビ会議システム「V-CUBE Box」と、高音質、高画質のWeb会議「V-CUBE ミーティング」を使い分けることで研修の遠隔開催を実現。勉強会に出席するための交通費、宿泊費といったコストや、移動時間の大幅削減という効果をあげました。

(銀行)

  • 「V-CUBE Box」はテレビ会議専用システムでありながら、周辺機器を含めて初期コストを抑制できたこと、「シンプルなリモコン操作のみで、利用者が悩むような操作性がない」と感じるほど簡単な操作であること、会議のための出張コストなども抑制できることなどが導入の決め手です。

(新聞社)

  • 同時接続数のライセンスとリプレイスの簡素化で導入がスムーズでした。会議室に縛られない遠隔会議参加が可能で、会議参加率がアップしています。

(産業用装置製造会社)

導入企業・団体が5,000社以上の実績を持ち評価を得ているV-CUBE Boxは、業種や企業規模を問わず幅広いビジネスの現場へ普及しています。

導入済みのテレビ会議システムと接続できるので、コストを抑えながら段階的にリプレイスを行うことができるのも評価のポイントのようです。

まとめ:V-CUBE Boxをおすすめできるのはこんな人!。

Web会議のクラウド市場で12年連続シェアNo.1を誇るV-CUBE Boxは、企業での利用にふさわしい高品質で、高いセキュリティーと徹底したサポートといった万全の体制で運用しています。

初期費用は45,000円から、月額費用は79,900円からとウェブ会議に比べて決してお手頃とは言えません。

しかし、拠点と遠隔地での打ち合わせが多い企業や団体での導入が多く、運用サポート、メンテナンス、セキュリティーを含めると安い経費で抑えられていると高評価を得ています。

国際会議や役員会議といった大規模で重要な会議ほど、実績のあるV-CUBE Boxはメリットが多いと言えるでしょう。